IT EVANGELIST.NET ロゴ

ITの面白さを伝える

デジカメの中に入ったゴミは掃除機で吸うだけで除去できた

公開日:
カテゴリー: ガジェット

私が普段、写真を撮影するのに使っているのは、SONY Cyber-shot WX200というコンデジ(コンパクトデジタル)です。

もう一台、ミラーレス一眼のPanasonic LUMIX DMC-GF5も持っていますが、ぱっと撮影するのには仰々しいのと、持ち運びの容易さからやはりコンデジがメインカメラとなっています。

DSC-WX200

ところが、この正月にSONY Cyber-shot WX200で撮った写真に、ゴミが映っているのを発見。

これはオーバーホールに出さないといけないと思っていましたが、そのやっかいなゴミを簡単な方法で取り除くことができました。

大きな影が映る

まず、どこにゴミが入っているのかを見る為に、白い壁を撮ってみたのがこちら。

RDSC05448

黒いぼやっとしたものが、ゴミです。

ズームを最大にしてみて、画像加工ソフトでコントラストを付けてみると、さらに多くのゴミが。
RDSC05447

このゴミは、カメラを振ってみても、レンズを出したりしまったりしても全く取れません。

どうもこれらのゴミは、レンズの隙間から入ってくるゴミの他に、ミラーやシャッターを動かした際に部品の摩耗で出てくる細かなチリや潤滑油といった内部的な要因もあるとのこと。

インターネットで調べてみると、ソニーサービスステーションでのクリーニングサービスというものがあり、3,000円程度でクリーニングをやってくれるようですが、東京だと秋葉原や日本橋に予約をして持ち込む必要があり、さらに場合によっては3,000円ですまない場合も。

そこで、長期間カメラが使えないのは大変不便ですので、別の方法を取ることにしました。

掃除機で吸い込むだけ

ご注意:以下の方法は、失敗してレンズを傷つけると撮影ができなくなったり、補償が効かなくなってしまうかもしれませんので、実施する場合には自己責任で作業を行うようにお願いします。

やり方は簡単。

まず、デジカメの電源を入れてレンズが飛び出た状態にします。

電源を入れてレンズが出た状態に

電源を入れてレンズが出た状態に

飛び出たレンズに、掃除機のノズルをあててスイッチを入れてしばらく吸い込むだけ。

掃除機で吸い込む

掃除機で吸い込む

ノズルサイズや吸引力で条件が変わるかも

ただし、これはノズルのサイズが合わない場合や、吸引力が低い掃除機だとダメかもしれません。

最初、マキタの充電式クリーナーで吸い込んでみましたが、全くゴミは取れませんでした。

そこで、もっと大きなサイクロン式の掃除機で吸ってみると、綺麗にゴミがなくなりました。

現在は、この通りゴミが全くありません。

RDSC05503

料理の写真も、また綺麗に撮影できるようになりました。

RDSC05492

最近、コンデジはかなり低価格になっていますので、お金を掛けて修理をするのはちょっと、という場合に最終手段だと思って試してみる価値はあります。

ただし、この方法でカメラが壊れる可能性もありますので、あくまで自己責任でかつ慎重に作業してください。

タグ:
Nexusシリーズ まとめ バナー データ通信SIM まとめ バナー 二見・鳥羽・伊勢神宮 まとめ バナー

検索

ウチムラヒロシ アイコン 運営者:ウチムラ ヒロシ

神戸出身。 コラムを書いたり、コンサルティングしたり、企画書を書いたり、コードを書いたり、サーバ組んだりしてます。

運営会社

株式会社リソース・シェアリング

関連サイト

喰意地 kuiiji
mautic is open source marketing automation