オリンピック観戦チケット第2次抽選販売申込受付が始まりました

スポンサーリンク
TOKYO 2020やってみた
TOKYO 2020
スポンサーリンク

2020年開催の東京オリンピック観戦チケット申し込み方法について、以前ご紹介しました。

前回、私は残念ながらチケットは当たりませんでしたが、2019年11月13日からTOKYO 2020のWebサイトでオリンピック観戦チケットの第2次抽選販売申込の受付が開始されました。

TOKYO 2020
TOKYO 2020

抽選での販売は今回が最後となり、来年春には公式Webサイトでの先着順販売や、窓口販売などが予定されているようです。

スポンサーリンク

前回とちょっと違う

今回の第2次抽選販売の主な日程は、以下の通り。

  • 抽選申込受付期間:2019年11月13日(水)未明〜11月26日(火)11:59
  • 抽選結果発表:2019年12月18日(水)
  • 購入手続期間:2019年12月18日(水)〜2020年1月10日(金)23:59

今回も抽選申込受付期間内であればいつ申し込んでも大丈夫ですし、早めに申し込んだ方が有利ということはないので、時間のある時に申し込みをしましょう。

今回の第2次抽選販売は、最初の抽選販売と異なるところがあります。

詳細は、TOKYO 2020:オリンピック観戦チケットの抽選申込・購入手続をご覧いただければと思いますが、

最大当選枚数とセッション毎の申込・購入の上限枚数がある

最大当選枚数は、18枚となっています。

全体の申込・購入上限枚数
全体の申込・購入上限枚数

また、セッション毎の申込・購入上限枚数は2枚〜6枚。

セッション毎の申込・購入上限枚数
セッション毎の申込・購入上限枚数

このため、第1次抽選と第2次抽選とで合わせて6枚が上限となります。

第1次、第2次合わせて6枚が上限
第1次、第2次合わせて6枚が上限

YouTubeには、「観戦チケット申込かんたん説明ムービーCheck5 第2次抽選申込受付編」という解説動画が用意されています。

観戦チケット申込かんたん説明ムービーCheck5 第2次抽選申込受付編

第1次抽選販売の申込傾向

東京2020組織委員会が「第1次抽選販売の申込傾向」を公式サイトでPDFで公表しています

これによると、以下の分析が挙げられています。

  • 過去大会で日本人がメダルを獲得している競技や、人気の高い競技を中心に、決勝セッションの申込は多かった。
  • 最上位席(A席)と最下位席に比較的申込が多かった。
  • 金曜日夜や土曜日開催のセッションは申込みが多かった。
  • 一部の競技を除いて平日昼間のセッションは比較的申込が少なかった。
  • 席数が多い会場での競技や予選のセッション数が多い競技は比較的、申込が分散する傾向があった。

これを踏まえて申し込むのが良さそうですね。