2019年の「青春18きっぷ」と「青春18きっぷ北海道北海道新幹線オプション券」が11,850円で発売中

行ってみた

2019年もJRグループは、日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席、バス高速輸送システム(BRT)、JR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできる「青春18きっぷ」と「青春18きっぷ」と組み合わせて本州と北海道の旅行を楽しめる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を2月20日から発売しています。

「青春18きっぷ」「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」の発売について[PDF/160KB]

JR東海> ホーム> 鉄道のご利用について> お得なきっぷ> 青春18きっぷ

「青春18きっぷ」とは?

JRグループが期間限定で発売しているお得なきっぷ(フリーパス)の一種で、特急や新幹線には乗車できませんが、普通列車や快速列車が1日乗り放題になります。

ただし、特急などには乗れず、別に特急券を買っても乗れません。

「青春18きっぷ」という名前ですが、購入に年齢制限はありませんが、逆に子供用の料金設定もなく、子供も大人と同じ料金が必要です。

その他の特徴は以下の通り。

  • 1枚のきっぷを1人で5回まで利用可能
  • 5人で1回などのグループでの利用可能
  • 1人1回あたりの有効期間は乗車日当日限り
  • グループで利用する場合は同一行程での旅行のみ
  • 各1回(人)でこども2人利用不可

乗車できる路線

「青春18きっぷ」で乗車できるのは以下の列車と区間。

  • 全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席
  • BRT(バス高速輸送システム)
  • 及びJR西日本宮島フェリー

また、奥羽本線「青森~新青森」間及び石勝線「新得~新夕張」間は、特例として当該区間内相互発着の場合に限り、「青春18きっぷ」のみで特急・急行列車の普通車自由席に乗車できます。ただし、特例区間外にまたがって乗車する場合は、特急・急行列車乗車全区間の乗車券及び特急券または急行券が必要になります。

奥羽本線「青森~新青森」間は、当該区間内相互発着の場合に限り、特例として全車指定席の快速列車の空いている席を利用できます。また、宮崎空港線の「宮崎~宮崎空港」間及び佐世保線の「早岐~佐世保」間に限り、特急列車の普通車自由席に乗車できます。

追加で「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を買うと、北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間および道南いさりび鉄道線の木古内~五稜郭間をそれぞれ片道1回利用できます。

乗車できない路線

「青春18きっぷ」で乗車できないのは以下の列車と区間。

JR線と直通運転している路線ならびにJRバス

  • 道南いさりび鉄道線、青い森鉄道線
    ※青い森鉄道線の「青森~八戸」間、「青森~野辺地」間及び「八戸~野辺地」間については、普通・快速列車の普通車自由席に乗車して通過利用する場合に限り利用できます。当該区間内の青い森鉄道線の駅で下車した場合、別に乗車区間の運賃が必要となります。ただし、青森駅・八戸駅・野辺地駅に限り下車することができます。
  • IGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、しなの鉄道線、えちごトキめき鉄道線、あいの風とやま鉄道線
    ※あいの風とやま鉄道線の「高岡~富山」間については、普通列車の普通車自由席に乗車してJR線へ通過利用する場合に限り利用できます。高岡駅、富山駅に限り途中下車できますが、その他の駅では下車できません。「高岡~富山」以外の区間を乗車した場合(区間内での下車、区間を越えて乗車等)は、別に全乗車区間の運賃が必要です。また、[あいの風ライナー]をご利用になる場合は、別にライナー券が必要です。
  • IRいしかわ鉄道線
    ※IRいしかわ鉄道線の「金沢~津幡」間については、普通列車の普通車自由席に乗車してJR線へ通過利用する場合に限り、利用できます。金沢駅、津幡駅に限り途中下車できますが、その他の駅では下車できません。「金沢~津幡」以外の区間を乗車した場合(区間内での下車、区間を越えて乗車等)は、別に全乗車区間の運賃が必要です。
  • 伊勢鉄道線、京都丹後鉄道線、智頭急行線、土佐くろしお鉄道線及び肥薩おれんじ鉄道線など

これらの列車や区間については別途、利用する区間に有効な乗車券類が必要です。

特急(新幹線を含む)・急行列車・グリーン車等

特急(新幹線を含む)・急行列車・グリーン車等は、特急券・急行券・グリーン券等のほか、普通乗車券が「青春18きっぷ」とは別に必要となります。

  • 普通・快速列車のグリーン車指定席
    「青春18きっぷ」とは別に、グリーン券のほか普通乗車券が必要となります。
  • 普通・快速列車のグリーン車自由席
    別にグリーン券を買うと「青春18きっぷ」と合わせて利用できます。
  • 普通・快速列車の普通車指定席
    座席指定券を、乗車整理料金やホームライナー料金を別に支払うと「青春18きっぷ」と合わせて利用できます。

1日乗り放題の範囲

「青春18きっぷ」は1日乗り放題ではありますが、以下の条件があります。

乗車日が翌日にまたがる場合は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効です。ただし、東京・大阪の電車特定区間(※4)内については、終電車まで利用できます。
(※4)電車特定区間の詳細については、「JR時刻表」にてご確認ください。

その他の詳細についてはJR東海> ホーム> 鉄道のご利用について> お得なきっぷ> 青春18きっぷをご覧ください。

「青春18きっぷ」の発売期間・利用期間

2019年における「青春18きっぷ」の発売期間と利用期間は以下の通り。

春季用

発売期間:2019年2月20日(水)~2019年3月31日(日)
利用期間:2019年3月1日(金)~2019年4月10日(水)

夏季用

発売期間:2019年7月1日(月)~2019年8月31日(土)
利用期間:2019年7月20日(土)~2019年9月10日(火)

冬季用

発売期間:2019年12月1日(日)~2019年12月31日(火)
利用期間:2019年12月10日(火)~2020年1月10日(金)

「青春18きっぷ」の価格

2019年に発売されている「青春18きっぷ」の料金は11,850円(おとな・こども同額)です。

最南端の鹿児島から稚内までいく事も可能

「青春18きっぷ」で行こうと思えば最南端の鹿児島から稚内までいく事も可能です。

ただし、かなりハードな旅になることは確かですが。

あと、「青春18きっぷ」チケットショップやオークション、フリマアプリで買うことで安く手に入れることもできます。

また、残り回数分を再度チケットショップやオークション、フリマアプリで売却する事も可能です。

「青春18きっぷ」は上手く使えばかなりお得ですので、利用を検討してみてはいかがでしょうか?