タイでタクシーに乗るなら事前に金額のわかってクレジットカードも使えるGrabがベスト

Grab タイ
Grab

バンコクでの移動手段としては、タイのバンコクに行ったらBTSでの移動が大変便利だったで書いたように、基本的にはBTSである程度事足ります。

しかし、BTSやMRTの路線図から外れているエリアに行くときや、営業時間外においてはやはりタクシーが主な移動手段となります。

ところが、バンコクのタクシーについては非常に評判が悪く、私自身も気持ち良く乗れた方が少ないぐらいです。

それは、バンコクのタクシーはメーターでの走行を嫌がって交渉で料金を決めようとするタクシー運転手が多いのと、近場に行く場合などは平気で乗車拒否をするからです。

また、日本のように領収書は出してくれないですし、クレジットカードも使えません。

そのため、つくづくタクシーに乗るのが嫌になりますが、タイでは今「Grab」がかなり普及してきています。

「Grab」とは?

Grab」とは、東南アジアを中心に普及が進むシンガポール発祥の配車アプリです。

アメリカでは「Uber」や「Lyft」がメジャーですが、タイでは「Uber」が撤退してしまったので「Grab」しか選択肢がありません。

簡単に言うと、「Grab」は、現在地から目的地までの料金を自動算出してドライバーを探してくれるサービスで、一般の人やタクシー運転手、Grabが直接契約しているタクシーなどが配車されます。

「Grab」への登録

まずは「Grab」のアプリをAppleストアGoogle Playでダウンロードしましょう。

アプリがダウンロードできたら、アプリを立ち上げます。

以下はAndroidでの流れですが、iPhoneの場合にはこの手順がちょっと前後入れ替わるような形になっています。

ただし、概ね同じような手順で登録ができます。

登録方法を選ぶ

まずアカウントを作るために、FacebookアカウントとGoogleアカウント、電話番号のどれで登録するかを選びますが、最終的に電話番号を入れて認証コードをSMSで受け取る必要があるので「Use your Mobile Number」での登録がいいと思います。

端末へのアクセス許可

電話番号を選ぶと「To protect your account,we need to access your device detals.」と端末へのアクセスを求められますので、「OK」をクリック。

続いて「Grabに「電話の発信と管理」を許可しますか?」と求められますので、「許可」とします。

電話番号の入力

端末の電話番号を入れます。

すると、SMSで「Grab」から4桁の数字の認証コードが送られてきますので、そちらを入力。

位置情報送信を許可して登録完了

「how may we address you」でニックネーム、「Enter Your Email Address」でメールアドレスを入れ、プロモーションを送る事に同意するかにチェックを入れて次に進む。

位置情報を送る許可を求められます。

「We need to access your locatioon and devices state to continue using Grab」と出ますので「OK」。

さらに日本語でも「Grabに「この端末の位置情報へのアクセス」を許可しますか?」と出ますので「許可」。

日本でアプリの登録をすると、「LOCATION NOT FOUND」と表示がされますが、これで登録は完了です。

「Grab」の使い方

アカウント登録の次に、クレジットカード登録もしておけば、現金払いよりも安く使えます。

また、現金払いだと領収書がもらえませんが、クレジットカードだと履歴が残るのでこちらが便利ですね。

目的地を入力して検索

実際に使う際、アプリを立ち上げると自分の位置が表示されますので目的地の住所を「Enter destination」に入れて検索します。

検索をして目的地が決まれば、料金を自動で算出します。

料金の算出が終わって金額に問題がない場合には、「Book」のボタンを押して乗せてくれるドライバーを探します。

「GrabCar」となっているところをクリックすると、乗る車の選択ができます。

Advance Bookingとなっている車種の場合、翌日の予約などができます。

実際に、空港まで早朝に行かなければいけなかったので、予約をしてみました。

車種をAdvance Bookingの中のものにすると、「Boook」ボタンの横に時計のマークが出てきますので、こちらをクリック。

すると、このようにカレンダーと時計で指定の日時を設定することができます。

ドライバーを探している状態がこちら。

ドライバーが見つかりました。

予約については、メニューからScheduledを見ると後からでも確認ができます。

10分程度待つが基本は便利

ドライバーが見つかると、顔写真と車のナンバー、車種などが送られてきて、到着までの様子が地図上にポイントされてリアルタイムで見る事ができます。

画面上の右端にある車のマークが迎えに来ている車の位置ですが、だいたい10分程度で到着するケースが多かったですね。

ただ、素人の運転手が普通の自動車で来るケースも多いので、場所がいまいちわかっていないケースもあり、道路の反対側に到着してしまう事など考えて、メッセージで私はホテル名などのランドマークを伝えるようにしていました。

電話もできるので、運転手と電話で直接話すこともできます。

ブッキングの途中でキャンセルをすることもできますし、向こうから場所がわからなくてキャンセルしてくるケースもたまにありました。

しかし、タイでBTS以外の移動手段としては、タクシーにげんなりしていた私にとってかなり満足のいくものでしたので、是非皆さんも使ってみてはいかがでしょうか?