緑のカオマンガイ「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム」には是非行くべき

カオマンガイタイ
カオマンガイ

タイで最も人気のカオマンガイ店と言えば、「ピンクのカオマンガイ」とも呼ばれる「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」。

「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」 は、2014年7月11日に日本1号店「ガイトーンTokyo」として渋谷に店をオープンしていましたが、今は「カオマンガイ」という店名に変わってしまっているようで、いまも関係があるのかが不明です。

これに対して「緑のカオマンガイ」と呼ばれる「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム」もあり、バンコクにいる間に何回か食べに行っていました。

プラチナム・ファッションモールの近く

「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」があるのは、プラチナム・ファッションモールにほど近い場所で、BTSのチットロム駅からも少し離れた場所になります。

他にプラトゥーナム市場という衣類や革製品、銀などの卸売市場もあり、バイヤーが世界中から集まってくる街です。

お店の近くには川が流れていて、センセーブ運河ボートのプラチナム渡船場からはとても近いところ。

プラチナム渡船場
プラチナム渡船場

前回、「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」 に伺ったときには、臨時休業中で食べる事ができませんでした。

臨時休業中のラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
臨時休業中のラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

今見ると、近くに新店も出来てるんですね。

そこで行ったのが、 「緑のカオマンガイ」とも呼ばれる「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム」。

こちらのお店は、「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」のすぐ近くにあります。

緑のカオマンガイ

「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム」は、別名の通り外観は緑一色。

クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム 外観
クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム 外観

お店の前には行列が大抵できていますので、近くにいけばすぐにわかると思います。

店員さんのシャツも緑色。

鶏がたくさんぶらさがっている
鶏がたくさんぶらさがっている

店先には屋台が出ていて、中には蒸された鶏がたくさんぶら下がっています。

お店に入る前にメニューが渡されますので、席に着く前に何を頼むか決めておきます。

クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム 店内
クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム 店内

店内には2人掛けの銀色のテーブルがほとんど。

食べたらみんなすぐに出ていくので、外に列ができていても回転は速い。

壁には、台湾や日本で取り上げられた雑誌などのポスターが貼ってあります。

鶏ガラのスープ
鶏ガラのスープ

最初に出てくるのが鶏ガラのスープ。

このスープ、鶏の味がしっかりと出ているが、雑味がなくて旨味がすごいので、これだけでもおかわりしたい。

カオマンガイ
カオマンガイ

ここのカオマンガイのお値段は50B(約170円)とかなり安い分、量としては少な目。

しかし、鶏肉はしっとりと柔らかくてプリプリした絶妙な蒸し具合で、そのまま食べるとほんのりとした優しい味わい。

チキンライスも程よい味付けで、意外と上品な仕上がり。

これに、赤と緑の唐辛子が入った少しスパイシーなたれを掛けると、いきなりタイ料理らしさが出てきますが、これがやみつきになる美味さ。

「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」よりも好み

結局、毎回「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」では食べる事が出来ておらず、名前が変わる前の「ガイトーンTokyo」との比較になってしいますが、私的には 「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥナーム」の方が好みですね。

是非、 プラチナム・ファッションモールの近くに行く用事があるなら行ってみてください。

オススメです。