スマートロックのSwitchBot ロックを購入して玄関に二つ設置したらかなり便利だった

スポンサーリンク
SwitchBot ロック 外箱スマートホーム
SwitchBot ロック 外箱
スポンサーリンク

前回のスマートロックを購入するにあたりSwitchBot ロック、セサミ4、Qurio Lockを比較検討してみたで書いたように、スマートロックに購入検討をして、最終的にSwitchBot ロックを購入することにしました。

SwitchBot ロックは、Amazonでセールをよくやっています。

そのため、定価は9,980円ですがプライムデーのセール価格 8,980円で購入することができました。

スポンサーリンク

SwitchBot ロック

届いたSwitchBot ロックがこちら。

SwitchBot ロック 外箱
SwitchBot ロック 外箱

外箱の蓋を開けると、SwitchBot ロック本体が。

SwitchBot ロック 外箱の中
SwitchBot ロック 外箱の中

SwitchBot ロック本体の下には、取扱説明書、クリーニングティッシュなどが入っています。

SwitchBot ロック 説明書類
SwitchBot ロック 説明書類

SwitchBot ロックの取扱説明書には、パッケージ内容と製品仕様。

SwitchBot ロック 取扱説明書
SwitchBot ロック 取扱説明書

さらに、SwitchBot ロックの設置方法が記載されています。

SwitchBot ロック 設置方法
SwitchBot ロック 設置方法

外箱の中には、もう一つ箱が入っています。

SwitchBot ロック パーツ類
SwitchBot ロック パーツ類

こちらには、SwitchBot ロックを鍵に取り付けるためのサムターンアダプターなどが入っています。

SwitchBot アタッチメント等
SwitchBot アタッチメント等

中には、幅の違うサムターンアダプターが2個、SwitchBot ロックを扉に貼るための予備の両面テープ、予備のネジ、磁石、磁石を貼りつけるための予備の両面テープ、NFCタグが2枚入っています。

サムターンアダプターは、SwitchBot ロック本体に最初から一つ付いていますので、サムターンのつまみの太さに応じて合計3種類あります。

SwitchBot ロック 本体

SwitchBot ロックの本体サイズは、上から見ると 11.16cm x 5.9cm と、スマートフォンよりは小さいサイズ。

SwitchBot ロック 本体上面
SwitchBot ロック 本体上面

SwitchBot ロックの側面を見ると、7.32 cm と意外と厚みがあります。

SwitchBot ロック 本体側面
SwitchBot ロック 本体側面

鍵のサムターンを回す側から見ると、回転部分の厚みはそんなにありません。

SwitchBot ロック 回転軸側
SwitchBot ロック 回転軸側

SwitchBot ロックの背面には、SwitchBot ロックを扉に貼り付けるための両面テープが付いています。

SwitchBot ロック 本体背面
SwitchBot ロック 本体背面

SwitchBot ロックの後ろにある大きな箱の部分は、電池ボックスになっています。

SwitchBot ロック 電池ボックス側
SwitchBot ロック 電池ボックス側

電池ボックスを開けると、中には電池が2本入っています。

SwitchBot ロック 電池
SwitchBot ロック 電池

電池は、リチウム電池のCR123A。

SwitchBot ロックを扉に取付け

取り付ける玄関ドアの鍵の一つは、美和ロックのこのサムターン。

美和ロックのサムターン
美和ロックのサムターン

これに、SwitchBot ロックを当ててみると、扉からかなり距離があって、そのままだと扉からかなり浮た状態になってしまいます。

SwitchBot ロック 付属のドライバー
SwitchBot ロック 付属のドライバー

そこで、先ほどの電池ボックスを外したところにあるネジを、付属のドライバーを使って外します。

SwitchBot ロック 足のネジを外す
SwitchBot ロック 足のネジを外す

ネジを外すと扉に接する部分の金具を伸ばせますので、扉に再度当てて高さを調整します。

SwitchBot ロック 金具を伸ばす
SwitchBot ロック 金具を伸ばす

この時に、鍵を開けるサムターンの太さも確認して、丁度良い幅のサムターンアダプターを取り付けます。

SwitchBot ロック サムターンも調整
SwitchBot ロック サムターンも調整

SwitchBot ロックを設置する場所が決まったら、両面テープで貼り付ける場所を付属品のクリーニングティッシュなどで綺麗に掃除し、乾燥するまで待ちます。

その後、SwitchBot ロックの裏の両面テープを剥がし、取扱説明書にあるように、扉に2分以上押しつけて貼り付けます。

SwitchBot ロック 扉に固定
SwitchBot ロック 扉に固定

扉に固定したら、サムターンアダプターに付いている固定テープを取り外します。

SwitchBot ロック 設置完了
SwitchBot ロック 設置完了

最後に、電池についていた絶縁シートも外すとSwitchBot ロックの電源が入ります。

SwitchBot ロックの設定

ここからは、SwitchBot ロックの設定に入っていきます。

SwitchBot ロックも、SwitchBot 人感センサーSwitchBot ハブミニで使ったSwitchBot アプリを使って設定を行います。

‎SwitchBot
‎SwitchBotシリーズ製品で暮らし快適 !スマホのワンタッチでスイッチをオン・オフしたり、温湿度計でお部屋の状態を遠隔観測したり、ハブミニで家電を一括管理したりします。 SwitchBotと一緒にライフスタイルをスマートにしませんか? SNSでお得な情報をGET!ぜひフォローしてください - 公式HP: ww...
SwitchBot - Apps on Google Play
SwitchBot is your simple switch to a smart home.

SwitchBot アプリで設定

SwitchBot アプリを立ち上げ、ホーム画面の右上にある「+」をクリック。

SwitchBot アプリ ホーム
SwitchBot アプリ ホーム

SwitchBot ロックが検出されたら、ロックをクリック。

SwitchBot アプリ ロックを検出
SwitchBot アプリ ロックを検出

「ロックの追加」画面になりますので、「次へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ロックの追加
SwitchBot アプリ ロックの追加

「名称」の入力と「ルーム」選択になりますので、設定して「次へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ロックの追加:設定
SwitchBot アプリ ロックの追加:設定

「ハブに接続」画面になりますので、「次へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ハブに接続
SwitchBot アプリ ハブに接続

接続するハブを選択。

SwitchBot アプリ ハブを選択
SwitchBot アプリ ハブを選択

SwitchBot ロックのハブに接続が完了しましたので、「次へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ハブに接続完了
SwitchBot アプリ ハブに接続完了

「ロックの設置方法」画面になりますが、既にSwitchBot ロックは設置しているので「設置済み」をクリック。

SwitchBot アプリ ロックの設置方法
SwitchBot アプリ ロックの設置方法

SwitchBot ロックの校正作業

「ロックの設置方法」画面で磁石の設置方法が表示されますので、指示に従って磁石の設置を行います。

SwitchBot アプリ ロックの設置方法:手順
SwitchBot アプリ ロックの設置方法:手順

入っていた磁石には、両面テープが付いています。

SwitchBot ロック 磁石
SwitchBot ロック 磁石

磁石の両面テープを剥がして、指示の通りSwitchBot ロックから設置距離30mm以内に張り付けます。

SwitchBot ロック 磁石を設置
SwitchBot ロック 磁石を設置

磁石の設置ができたら、SwitchBot アプリの「ロックの設置方法」画面で「校正へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ロックの校正:施錠
SwitchBot アプリ ロックの校正:施錠

「ロックの校正」画面になりますので、画面の指示通りドアを閉め、手動で施錠してから「次へ」をクリック。

次に、手動で施錠して「次へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ロックの校正:解錠
SwitchBot アプリ ロックの校正:解錠

画面の指示に従い、ドアを開いた状態で施錠して、ロックが飛び出した状態でドアを閉め、その状態で「次へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ロックの校正:半施錠
SwitchBot アプリ ロックの校正:半施錠

説明動画がありますが、まさにロックが飛び出したこの状態です。

SwitchBot アプリ ロックの校正:説明動画
SwitchBot アプリ ロックの校正:説明動画

ドアを話、「解錠テスト」をクリックすると、SwitchBot ロックが動いて解錠されます。

SwitchBot アプリ ロックの校正:半施錠からの解錠
SwitchBot アプリ ロックの校正:半施錠からの解錠

ドアを閉め、「施錠テスト」をクリックすると、SwitchBot ロックが動いて施錠されます。

SwitchBot アプリ ロックの校正:再施錠
SwitchBot アプリ ロックの校正:再施錠

これで、ロックの校正は完了です。

SwitchBot アプリ ロックの校正:完了
SwitchBot アプリ ロックの校正:完了

SwitchBot アプリのホーム画面に、玄関ロックが追加されました。

SwitchBot アプリ ホーム:玄関ロック追加
SwitchBot アプリ ホーム:玄関ロック追加

これで、設定は完了です。

ファームウェアのアップデート

SwitchBot ロックの設定後に、SwitchBot ロックのファームウェアアップデートを求められました。

SwitchBot アプリ ファームウェアアップデート
SwitchBot アプリ ファームウェアアップデート

「アップデートへ」をクリックすると、「ファームウェア&バッテリー」画面になりますので「アップデート」をクリック。

SwitchBot アプリ ファームウェア&バッテリー
SwitchBot アプリ ファームウェア&バッテリー

ファームウェアアップデートが完了しました。

SwitchBot アプリ ファームウェアアップデート完了
SwitchBot アプリ ファームウェアアップデート完了

ファームウェアアップデートにより、バージョンが5.6になりました。

SwitchBot アプリ ファームウェア&バッテリー 更新後
SwitchBot アプリ ファームウェア&バッテリー 更新後

NFCタグを設定

SwitchBot ロックには、NFCタグが2枚ついています。

NFCタグに設定をすると、NFCタグにスマートフォンをかざすだけでSwitchBot ロックの解錠や施錠ができます。

NFCタグに書き込み

NFCタグへの設定の書き込みは、SwitchBot アプリで行います。

SwitchBot アプリのホームで玄関ロックをクリック。

SwitchBot アプリ ホーム:玄関ロック追加
SwitchBot アプリ ホーム:玄関ロック

「玄関ロック」の右上にある歯車マークの設定をクリック。

SwitchBot アプリ 玄関ロック
SwitchBot アプリ 玄関ロック

「設定」画面の中の「NFC」をクリック。

SwitchBot アプリ 玄関ロック:設定
SwitchBot アプリ 玄関ロック:設定

「NFC」画面になりますので、施錠するか解錠するかを選択します。

SwitchBot アプリ 玄関ロック:NFC
SwitchBot アプリ 玄関ロック:NFC

「NFCの使用方法」画面になりますので、スマートフォンの準備をして「OK」をクリック。

SwitchBot アプリ 玄関ロック:NFCの使用方法
SwitchBot アプリ 玄関ロック:NFCの使用方法

「スキャンの準備ができました」が出たら、書き込みを行うNFCタグの上にスマートフォンを置きます。

「書き込みに成功しました」が表示されたら完了です。

解錠・施錠にはスマホのロック解除が必要

NFCタグを使うには、スマートフォンのロックを外してからNFCタグをにかざす必要があります。

スマートフォンでNFCタグを読み取ると、以下のような通知が上がってきます。

この通知をタップすると、NFCタグからSwitchBot アプリが動いてSwitchBot ロックを起動し、解錠や施錠をしてくれます。

反応が悪すぎて使っていない

私は、NFCタグを玄関ドアに貼って、SwitchBot アプリを使わずに解錠ができるようにしようと考えたのですが、使っているiPhone 13 Pro Maxが悪いのか、NFCタグが全くと言っていいほど読み取れません。

スマホカバーのせいかと思ってカバーを外してみても、同じ状態です。

設定したNFCタグが不良品なのかと思って、別のNFCタグに変更しても同じですので、iPhone 13 Pro Maxでは利用できないと思ってNFCタグの利用をあきらめました。

ツインロックモードを設定

SwitchBot ロックは、1つのドアに2つの鍵が付いている場合に、解錠や施錠をまとめて行えるツインロック機能があります。

家の玄関ドアには、セキュリティ向上のために2つの鍵が付いていますので、SwitchBot ロックをもう一つ購入してツインロックモードを設定してみました。

二つ目のSwitchBot ロックは、一つ目と同様の手順でドアに設置をします。

二つ目のSwitchBot ロックを設置
二つ目のSwitchBot ロックを設置

上下二つのSwitchBot ロックが設置できました。

SwitchBot ロックが二つ
SwitchBot ロックが二つ

SwitchBot アプリで設定

SwitchBot アプリの設定も行うと、ホーム画面に二つのSwitchBot ロックが表示されますので、片方の玄関ロックをクリック。

SwitchBot アプリ 二つの玄関ロック
SwitchBot アプリ 二つの玄関ロック

「設定」画面が開いたら、「ツインロックモード」をクリック。

SwitchBot アプリ 玄関ロック 上:設定
SwitchBot アプリ 玄関ロック 上:設定

「ツインロックモード」画面が開いたら、「設定へ」をクリック。

SwitchBot アプリ ツインロックモード
SwitchBot アプリ ツインロックモード

サブデバイスの選択画面になり、「玄関ロック 下」が表示されているので、そちらをクリック。

SwitchBot アプリ ツインロックモード:サブデバイス
SwitchBot アプリ ツインロックモード:サブデバイス

設定が完了すると、「ツインロックモードを有効にしました」が表示されます。

SwitchBot アプリ ツインロックモード 有効化
SwitchBot アプリ ツインロックモード 有効化

名称は、好きな名前に変更できます。

「次へ」をクリックすると、ツインロックのテストが行われます。

SwitchBot アプリ ツインロックモード テスト完了
SwitchBot アプリ ツインロックモード テスト完了

「完了」をクリックすると、ホーム画面が表示されますが、二つのSwitchBot ロックが表示されるのではなく、一つのロックとして認識されるようになりました。

SwitchBot アプリ ホーム ツインロック
SwitchBot アプリ ホーム ツインロック

アプリで玄関の二つの鍵が開くのはかなり便利

SwitchBot ロックを玄関に設置をしたことで、アプリを使って二つの玄関ロックの解錠と施錠ができるのはかなり便利です。

今までは家に帰ってきたら、二つの鍵を出して鍵を開け、出掛ける場合には二つの鍵を閉める、という動作だったのが、スマートフォンのワンクリックだけです。

また、玄関に家人が返ってきた時にも、玄関まで鍵を開けに行かなくても、スマートフォン一つで解錠ができます。

これが地味に便利。

さらに、出掛けていてもSwitchBot ロックの解錠と施錠の状態については、SwitchBot アプリに通知がきますので動作確認ができます。

SwitchBot ロック 履歴
SwitchBot ロック 履歴

このため、家人が家に帰っているかどうかもこれでわかるようになりました。

家族に鍵を渡す方法やAmazon Alexa、Google Assistantとの連携については、次回、ご紹介します。