国立科学博物館は広さと見どころの多さで何時間でも楽しめる場所でした[地球館編]

博物館

1877年に設立された国立では唯一の総合科学博物館である国立科学博物館(愛称 かはく) 。

かなり前に行ったのですが、あまりの広さと見どころの多さに1日で見て回る事ができなかったので、再訪しようと思いながら結局今まで機会を失っていました。

ただ、せっかくの写真を死蔵してしまうのもなんなんで、国立科学博物館の紹介を兼ねてアップしたいと思います。

博物館じゃない?

国立科学博物館は、上野恩賜公園内にあります。

JR上野駅公園口から約徒歩10分で到着します。

Wiklpedia:国立博物館によると、国立科学博物館は厳密には博物館法では国の施設は対象じゃないということで、博物館相当施設だそう。

当館は博物館法における博物館ではなく、博物館相当施設である。これは博物館法が国の施設を範疇としていないためである[5]。

また、施設は上野恩賜公園だけでなく、 東京都の2か所と茨城県つくば市の1か所、計3か所にあるそうです。

施設は、東京都の2か所と茨城県つくば市の1か所、計3か所に分散している。展示施設は、東京都台東区の上野恩賜公園内に所在する上野本館、東京都港区に所在する附属自然教育園、茨城県つくば市に所在する筑波実験植物園(通称、つくば植物園)と昭和記念筑波研究資料館(筑波実験植物園の敷地内、一般には非公開)がある。研究部門は、新宿区百人町(新宿分館)とつくば市(筑波実験植物園の敷地内)とに分散して所在していたが、2012年に筑波地区に集約された。

屋外展示もスケールが大きい

こちらが正門。

国立科学博物館 正門

国立科学博物館 正門

入場料は、一般が620円、大学生が410円で、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は、入館の際に年齢のわかるもの提示すれば総合文化展については無料という太っ腹。

入口横にあってまず目に入るのが、D51形蒸気機関車231号。

D51形蒸気機関車231号

D51形蒸気機関車231号

入口横に置いてありますが、乗ったり中を見る事は出来ません。

出口の方にあるのが、全長30mもあるシロナガスクジラの実物大模型。

シロナガスクジラの実物大模型

シロナガスクジラの実物大模型

あまりの大きさに、写真を撮るのも一苦労です。

建物は日本館と地球館の二つ

建物は、日本館と地球館から成り立っています。

「日本列島の自然と私たち」がテーマとなっているこちらの日本館は 地上3階、地下1階の建物です。

「地球生命史と人類」がテーマとなっている地球館は、日本館よりも新しい建物で地上3階、地下3階。

行ったときは地球館から周りましたので、地球館からご紹介。

地下1階にある入口から中に入ると、地球館、日本館の全館案内が。

  • 地球館3F 大地を駆ける生命-力強く生きる哺乳類と鳥類をみる-
  • 地球館2F 科学と技術の歩み/身近な科学
  • 地球館1F 地球の多様な生き物たち-みんな、かかわりあって生きている-
  • 地球館B1F 地球環境の変動と生物の進化 -恐竜の謎を探る-
  • 地球館B2F 地球環境の変動と生物の進化 -誕生と絶滅の不思議-
  • 地球館B3F 宇宙・物質・法則-自然の”しくみ”を探る-

地球館フロアMAP(PDF)

  • 日本館3F 日本列島の素顔/日本列島の生い立ち
  • 日本館2F 生き物たちの日本列島/日本人と自然
  • 日本館1F 自然をみる技

日本館フロアMAP(PDF)

地球館B1F 地球環境の変動と生物の進化 -恐竜の謎を探る-

地球館のB1Fに入ると最初にあるのが、恐竜の謎を探る展示。

バンビラプトルの骨格標本

人間とバンビラプトルの骨格標本

人間とバンビラプトルの骨格標本

バンビラプトルは鳥に似ていますが鳥にならなかった恐竜で、北米で発見された最も重要な恐竜のひとつ。

その先には化石発掘から復元までの工程が解説されています。

地中に埋まっている状態

地中に埋まっている状態

地中に埋まっている状態からクリーニング。

クリーニング

クリーニング

クリーニングをするとこうなります。

クリーニング後

クリーニング後

バンビラプトルの生体復元模型。

バンビラプトルの生体復元模型

バンビラプトルの生体復元模型

恐竜には羽毛が生えていた、というのが最近の研究では言われていますが、バンビラプトルは恐竜と鳥類に分化する丁度境目ということですね。

地球館B1F 大興奮の恐竜エリア

国立科学博物館は、恐竜の展示が素晴らしい。

実物大の化石が所狭しと並んでますので、ここだけで一日中楽しめます。

ティラノサウルス

実在した恐竜の中で、最強と言われるティラノサウルス。

ティラノサウルス

ティラノサウルス

やはり実物大で見ると大迫力。

ティラノサウルスの正面

ティラノサウルスの正面

ティラノサウルスの頭蓋骨

ティラノサウルスの頭蓋骨

カルカロドントサウルスとティラノサウルスの歯の比較

カルカロドントサウルスとティラノサウルスの歯の比較

パキケファロサウルス

特徴的な頭骨を持つパキケファロサウルスは、この頭部を激しくぶつけあっていた、という説明が動画などでもされていました。

パキケファロサウルス

パキケファロサウルス

トリケラトプス

トリケラトプスは、地面から掘り出された状態での展示。

トリケラトプス

トリケラトプス

「レイモンド」という名前がついてます。

ツノが特徴的なトリケラトプスに代表される角竜の頭蓋骨が、何種類も上部に飾ってあります。

角竜の頭蓋骨

角竜の頭蓋骨

スコロサウルスとステゴサウルス

奥にはステゴサウルスとスコロサウルス。

スコロサウルス

スコロサウルス

ステゴサウルスはやはりかっこいいですね。

ステゴサウルス

ステゴサウルス

この尾を振り回して肉食恐竜を威嚇していた、という説明を図鑑で読んだことがあります。

スパイクを持つ尾

スパイクを持つ尾

アパトサウルス

草食恐竜のアパトサウルス。

アパトサウルス

アパトサウルス

体が大きすぎて、全体を写真に収めることができないほど。

アパトサウルスの体

アパトサウルスの体

以前、ブロントサウルスと呼ばれていたのがアパトサウルスと同種だという話になっていましたが、また最近別の種類だという話になっているみたいですね。

ナショナルジオグラフィック:ブロントサウルス、本物の恐竜として復活へ

オンライン学術誌「PeerJ」に今月7日発表された研究結果によれば、ブロントサウルスは立派に一種をなす恐竜だったという。それどころか、アパトサウルスとブロントサウルスはそれぞれ異なる属に分類されるほど差が大きいとのことだ。

他にも貴重な化石が間近に見れる

ヒプセロサウルスの卵?

ヒプセロサウルスの卵?

アマイアサウラの左骨盤・左脚

アマイアサウラの左骨盤・左脚

カモノハシ竜のデンタルバッテリー

カモノハシ竜のデンタルバッテリー

鳥脚類恐竜のものと思われる足印

鳥脚類恐竜のものと思われる足印

地球館B2F 地球環境の変動と生物の進化

地球館の地下二階にある、「地球環境の変動と生物の進化 -誕生と絶滅の不思議-」エリア。

アンモナイトの化石

アンモナイトの化石

こちらでも、貴重な化石や骨格標本が展示されていますが、その豊富な展示内容に圧倒されます。

スクレロケファルス

スクレロケファルス

背中に大きな帆のような骨があり恐竜のようなディメトロドンやその下のプロキノスクスは、単弓類と呼ばれる哺乳類の祖となる生物で、恐竜が栄えた中生代よりも古い古生代の生物。

プロキノスクスとディメトロドン

プロキノスクスとディメトロドン

ツアンヘオテリウムの骨格標本

ツアンヘオテリウムの骨格標本

始新世中期の哺乳類レプティクティディウム

始新世中期の哺乳類レプティクティディウム

パノクトゥスは、左の骨質の甲羅を背負っていた古代のアルマジロ。

パノクトゥス

パノクトゥス

トクソドン

トクソドン

翼竜と鳥、オオツノジカ

アンハングエラがインドオオコウモリ(現生種)とオウギワシ(現生種)と展示されており、骨格の違いがよくわかります。

白亜紀の翼竜アンハングエラ

白亜紀の翼竜アンハングエラ

その下には、巨大なオオツノジカ。

オオツノジカ

オオツノジカ

カストロイデス

カストロイデス

パレオプロピテクスとノタルクトゥスはサルの仲間。

パレオプロピテクス、ノタルクトゥス、コピドドン、プレジアダピス、ブロントピス

パレオプロピテクス、ノタルクトゥス、コピドドン、プレジアダピス、ブロントピス

スミロドンは、ネコ科の食肉獣であるサーベルタイガーの一種。

スミロドン

スミロドン

アーケロン

天井に大きな生物が展示されていますが、アーケロンは白亜紀後期に生息していた史上最大のカメ。

アーケロン

アーケロン

全長約4メートル、体重は2トンってとんでもない大きさです。

アーケロンの後ろ姿

アーケロンの後ろ姿

ティロサウルスとバシロサウルス

アーケロンの前には、ティロサウルスとバシロサウルス。

左側は3800万年ほど前の哺乳類のバシロサウルス、右側は白亜紀後期にいた爬虫類のティロサウルスで爬虫類と哺乳類なのになぜか似ています。

ティロサウルスとバシロサウルス

ティロサウルスとバシロサウルス

他にも巨大な水生生物が天井近くに展示。

ドルドン・アトロクス

ドルドン・アトロクス

レプロネクテス・テヌイロストリス

レプロネクテス・テヌイロストリス

アンビュロケトゥス・ナタンス

アンビュロケトゥス・ナタンス

ステラーカイギュウ

ステラーカイギュウ

陸上動物も桁違いの大きさ

陸上動物も桁違いの大きさを持つ骨格標本が並んでいます。

左端の巨大牙を持つ象はアメリカマストドン、その隣がデイノテリウム、左下の頭蓋骨がゴンフォテリウム、右下の全身像がメリテリウム、右下の頭蓋骨だけがプラティベロドンで、全てが古代の象。

古代の象たち

古代の象たち

角があるサイのようなアルシノイテリウムは、見た目と異なりハイラックスやゾウ、ジュゴンなどに近いそう。

アルシノイテリウム

アルシノイテリウム

写真の中の一番大きな骨格標本は、全長8メートルで体重は20tもあった 陸生では史上最大級の哺乳類だったインドリコテリウム。

インドリコテリウム

インドリコテリウム

頭には6本の角、口には大きな牙を持つウインタテリウムは、草食の絶滅した哺乳類。

始新世のウインタテリウム

始新世のウインタテリウム

南北アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモス。

コロンブスマンモス

コロンブスマンモス

ジャイアントバイソン

ジャイアントバイソン

地球館B2F 人類の進化

古代生物のエリアを抜けると、人類の進化がわかるエリア。

猿人、原人、旧人を、残された化石等から推測される身体的特徴や精神活動に基づき復元。

猿人

猿人

160万年前にケニアにいた原人の少年。

原人

原人

フランスで発見された7万年前のネアンデルタール人の成人男性。

旧人

旧人

マンモスの骨で作られた家

マンモスの骨で作られた家

地球館B2F 海で起こった生物の爆発的進化

オルタカントゥスは、古代のサメ。

オルタカントゥス

オルタカントゥス

頭部及び肩帯付近は、甲冑のように硬く重い装甲板で覆われていた板皮魚類のダンクルオステウス。

ダンクルオステウス

ダンクルオステウス

三葉虫の化石の数々

三葉虫の化石の数々

ディケロケファリナ

ディケロケファリナ

地球館B3F 宇宙・物質・法則

地下3階は、宇宙・物質・法則についての展示。

molの説明

molの説明

アンペアの説明

アンペアの説明

ガリレオの温度計

ガリレオの温度計

磁力線観察

磁力線観察

クーロンのねじりばかり模型

クーロンのねじりばかり模型

ガリレオ・ガリレイが初めて宇宙をのぞいた望遠鏡のレプリカ。

様々な望遠鏡

様々な望遠鏡

重力波検出装置の鏡と懸架装置

重力波検出装置の鏡と懸架装置

元素記号表

元素記号表

こちらは、日本で初めて作られた本格的な屈折赤道儀(天体望遠鏡)で、国立科学博物館(当時は東京科学博物館)の建物が上野に建てられた際に屋上の天文ドームに設置されたもの。

屈折赤道儀

屈折赤道儀

霧箱は、蒸気の凝結作用で荷電粒子の飛跡を検出するための装置で、目に見えない放射線を見えるようにできます。

霧箱

霧箱

泡箱は、ニュートリノなどの粒子を観測するための装置で、これを使うと素粒子の通った跡が見えます。

泡箱

泡箱

屋外 ラムダロケット用ランチャー

地球館の裏側には、ラムダロケット用ランチャーが目立たない端の方にひっそりと展示がしてありますが、近くで見るとかなりの大きさがあります。

ラムダロケット用ランチャー

ラムダロケット用ランチャー

こちらは、1970年(昭和45年)2月11日に日本で初めての人工衛星「おおすみ」を打ち上げるのに使われました。

膨大な展示品

撮っていた写真を整理するだけで一苦労でしたが、かなりの広さと貴重で膨大な展示物があることがわかると思います。

そのため、じっくりと説明を読んでいると到底1日では見て回れません。

日本館は、次回。