NTTドコモ、au、SoftBankの淡路島地震に対する対応に温度差があって面白い

モバイル

13日午前5時33分ごろに淡路島付近を震源とする大きな地震があったことに対して、携帯電話各社が自社Webサイトのトップに安否情報確認のための災害用音声お届けサービスと災害用伝言板の案内を載せているが、その扱いが三者三様で面白い。

NTTドコモ

NTTドコモ

au

au

SoftBank

SoftBank

NTTドコモが画面一杯、auは画面の3分の2程度で目立つように案内をしているのに対して、SoftBankのやる気のなさが際立っていますね。