MacBook Airのバッテリーを自分で交換

ガジェット

ここ10年程、ノートパソコンはMacBook Airを使い続けていますが、HDD容量の関係等で定期的に買い替えをしています。

使わなくなった古いMacBook Airは、初期化して居間用のPCとして利用していましたが、購入後6年も経つと流石にバッテリーがダメになってしまいました。

そこで、自分でバッテリーを買って交換してみました。

ご注意:今回のバッテリー交換は、公式修理の対象外となってしまうのと、障害発生やデータ破壊などが起きる可能性を考えて、作業前にデータのバックアップを行うなど、自己責任で対策を行ってから行うようにしてください。また、作業に関しましても自己責任で行ってください。

MacBook Airに適合するバッテリーを調べて購入

バッテリーを交換する前に、自分のMacBook Airがどのモデルかを調べて、マッチするバッテリーを購入する必要があります。

私の場合、MacBook Airの裏側を見ると「Model A1369」と「2011 Apple Inc.」の記載がありました。

ここからAmazonで調べて買ったのがこちら。

購入時の価格は6,499円。

Mac の修理サービスに記載されている11 インチ/13 インチ MacBook Air 12,800 円と比べるとかなり安くすませられます。

箱の中には、バッテリーと交換に必要なドライバーが入ってます。

ドライバーは2本。

背面パネルのネジを外すためのドライバーと、バッテリーを外すためのドライバーで先端の大きさが異なります。

バッテリーの交換手順

2本のドライバーを使って、バッテリーの交換を行います。

背面にある10個のネジを外し、パネルを外します。

パネルはヒンジがある方からだと簡単に外れます。

長年のホコリが溜まっていて汚いので、エアダスターで掃除をまず行います。

次にバッテリーを固定している5ケ所のネジを外して、コネクターも外して、古いバッテリーを取りだします。

新しバッテリーのコネクターを繋ぐ。

バッテリーをネジで固定したらバッテリー交換は終了です。

無事作業が終了

全てのネジを締めて、電源に繋ぐと無事充電が始まりました。

「option」を押しながらAppleメニューをクリックし、システム情報を選択し、ハードウェアセクションの電源を見てみると、製造元が「SLODA」になっており、充放電回数も1回に。

このように、バッテリー交換作業自体は思ったよりも簡単でした。

古いMacBook Airを使っていて、バッテリーの持ちに悩んでいる方は、自分でバッテリー交換を検討して見る事をお勧めします。