IT EVANGELIST.NET ロゴ

クライアントの課題をITで解決する

Webサイト構築・運用

デジタルを使ったコミュニケーションの範囲が拡がっている現在において、IT戦略を策定して予算を最適な形で配分するためには、IT戦略立案から構築・運用までを理解できる知識と経験が求められています。

ところが、実際の構築においては戦略立案はコンサルティング会社、システム開発はシステム会社、Webデザインは広告代理店やデザイン会社というように、それぞれの担当領域に合わせて仕事が発注されてきたため、最初の戦略どおりにWebサイトができなかったり、効果検証やサイトのバージョンアップなどの全体を統括して行うことができない等の事態が起こっています。

Webサイト構築にあたっては一貫したコンセプトのもとに作業をするはずなのですが、このように各々が別会社となると、どうしても主張が異なりズレも生じてきます。

そこで、従来のコンサルティング会社、SI、デザイン会社、システム会社では、得意分野を重視した設計に偏ってしまいがちですが、全領域に通じた知見とノウハウを持った「シームレス・コンサルティング」を導入することで、総合的な構築・運用を可能にします。

企業のニーズをすべてカバーし、IT戦略立案から企画、構築、運用、解析はもちろん、各種解析結果を元にした定期的なコンサルティング、メンテナンスまでトータルサポートいたします。

プロジェクト・フロー

我々がプロジェクトを進める際には、以下のフェーズに分けてプロジェクトを進めていきます。
project_flow_s

コンサルティングフェーズ

コンサルティングフェーズは、我々がプロジェクトに携わる最初のステップです。

このフェーズでは、クライアントと一体となってコンサルティング作業を実施することで、ビジネス・ニーズを理解し、機会を特定し、相互に合意された事業目的に基づいた、Webサイトで実現すべき目標の設定・KPIの設定・施策展開といった戦略的なアクションプランを立案いたします。

戦略立案

業界分析、競合分析、クライアント分析を行い、その中から現状課題の抽出、仮説の設計、ポジショニング、マーケティング施策立案、効果測定方法の決定等の戦略立案を行います。

企画立案

戦略の立案により抽出した企業の特性を深く分析・把握し、その企業に最適なWebサイト構築を行うための実行計画策定を行います。

要件定義

企画立案で立てられた実行計画の実現に必要な機能要件や技術要件、利用パッケージ、インフラ要件等を洗い出し、要件定義書を作成いたします。

構築フェーズ

コンサルティングフェーズで決定した企業戦略、実行計画、要件定義に、豊富な経験とノウハウを加味して最適なWebサイトを構築するためのUI、UX、デザイン、システム、インフラの設計と構築を行います。

また、WBS(Work Breakdown Structure)とRedmine等のプロジェクト管理ツールを組み合わせて開発を行うことで、短納期案件や大規模案件においても炎上のリスクを最小限にしながらの開発を可能にしております。

基本設計・詳細設計

要件定義書で決まった仕様を満たす、開発計画の策定と詳細な機能要件の落とし込みを行って基本設計書・詳細設計書・機能設計書等のドキュメントを必ず作成していくことで、実装段階におけるクライアントとの齟齬が発生するリスクを最小限にしていきます。

また、マルチデバイス対応を想定した画面設計やコンバージョンを実現するためのユーザー導線設計等も、この段階で行っていきます。

開発

設計段階で作成される、基本設計書・詳細設計書・機能設計書等のドキュメントに従いながら、蓄積された豊富な経験と最新技術、ノウハウを加味してWebサイトの構築を行います。

特に、セキュリティを考慮する場合や高負荷なアクセスを想定する場合、アプリケーションレイヤーだけでなく、インフラ、サーバ、DBのチューニングを含めた対応まで行っております。

運用フェーズ

Webサイトの運用において、情報システム部門が管理をしていた時代のように、サーバ運用やシステム運用だけを行なっていればいい時代は終わりを告げ、現在ではコンテンツ運用、ソーシャルメディア運用、SEO、SEM、DSPといった広告領域の運用までを想定した運用が必要となっています。

そこで、公開後のWebサイトに対しては、SEO/SEMの運用とコンテンツ運用、Web解析の全てをワンストップで運用することで、コンサルティングフェーズで決定した「ゴール」を実現するための運用を行なっております。

Webサイト運用

Googleの検索技術が向上するに従い、コンテンツ自体の中身が評価されて上位表示を実現する「コンテンツ・イズ・キング」の時代が到来しました。

これにより、Webサイトの運用においても、WebマーケティングやSEOを想定したコンテンツ作成やソーシャルメディアを想定したコンテンツ作成が必要となっています。

我々は、コンサルティングフェーズで立案した戦略に基づき、インフラ、サーバ、システム運用だけでなく、SEOを想定したコンテンツ運用、ソーシャルメディア運用をトータルでサポートいたします。

集客施策

Webサイトの運用において、SEO(検索エンジン最適化)、SEM(検索エンジンマーケティング)、DSP(Demand-Side Platform)を使った集客戦略をどう考えるかは大変重要となっています。

また、ただ単に集客するだけでなく、Webサイトで実現したい「ゴール」(コンバージョンやお問合せ)を実現しようとすると、集客施策だけでの最適化には意味がありません。

そのため、集客施策においてもWebサイト運用、Web解析とセットでの運用を行なっております。

解析フェーズ

Google Analyticsを始めとする各種Web解析ツール等を使って、Webサイトの現状を把握し、改善施策を提案いたします。

Web解析

Webサイトには売上拡大やお問合せの増加など、構築・運用を行なって達成したい目標が必ず存在します。

その目標が達成されているのか、達成されていない場合は何が課題となっているのか、を判断するためには、判断を行うための指標と測定ツールを使ったWeb解析が必要となります。

Web解析を行うと、「どこ広告がお問合せにつながったのか」「どのようなキーワードで検索してユーザーが来るのか」「どういったユーザーが商品購入を行うのか」「どのページで閲覧終了しWebサイトから離脱されてしまうことが多いのか」といった結果や課題が明確になります。

これらの事実を基に仮説を策定し、施策を立案、実施結果をさらにWeb解析で確認するという「Plan-Do-Check-Action」を回していくことがWebサイト運用においては非常に重要です。

弊社では、運用全体をコンサルティングから行うサービス、月次運用解析を行うサービス、Digital Marketing Audit(デジタル・マーケティング・オーディット)Webマーケティング・オーディットまで、幅広いサービスメニューを用意をしております。

CMSサービス

弊社では、主にWordPressを中心にオープンソースを使用したご提案を行いますが、大手クライアントに対し、大規模案件、大規模システムを提供してきた経験から、安心してご利用いただける構築と保守運用を提供しております。

また、弊社では以下の様なサービスもご提供しております。

  • CMS導入のコンサルティング
  • CMSを活かすサイト構成、デザインのご提案
  • CMSサイトのフロントエンド開発
  • CMSサイトのサーバセットアップ、保守運用
  • CMSサイトの効果測定と改善提案
  • 中〜大規模のWordPressカスタマイズ
  • HTMLサイトからCMSへの移行

特に、WordPressでの構築についてはWordPressを使ったWebサイト構築・運用というサービスをご用意しており、多数の導入実績がございます。

mautic is open source marketing automation