IT EVANGELIST.NET ロゴ

クライアントの課題をITで解決する

OpenSSLの深刻な脆弱性に対応した最新版が公開

公開日:
カテゴリー: セキュリティ

オープンソースのSSL/TLS実装ライブラリ「OpenSSL」の更新版が3月19日公開され、危険度「高」に分類したサービス妨害(DoS)の脆弱性を含め、計14件の脆弱性が修正されました。

openssl

窓の杜ニュース:「OpenSSL」に脆弱性、深刻度がもっとも高い“High”の脆弱性2件を警告

IT mediaエンタープライズ:OpenSSLの更新版が公開――「Heartbleedほど悪くない」

CodeZine:OpenSSL、深刻度「最高」レベルの欠陥を修正するアップデートをリリース

リリースされた修正アップデートは、バージョン1.0.2a、1.0.1m、1.0.0r、0.9.8zf。いずれも、OpenSSLプロジェクトサイトのSourceページからTarball形式(tar.gz)でダウンロード可能になっている。

日本で使用されているソフトウェアなどの脆弱性関連情報とその対策情報を提供し、情報セキュリティ対策に資することを目的とする脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」によると、「脆弱性により影響は異なりますが、無効な署名アルゴリズムを使用されることで、OpenSSL の処理が異常終了させられるなどの可能性がある」とのことです。

JVNVU#95877131 OpenSSL に複数の脆弱性

本脆弱性を修正した下記のバージョンの OpenSSL が提供されています。開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください。

OpenSSL 1.0.2a
OpenSSL 1.0.1m
OpenSSL 1.0.0r
OpenSSL 0.9.8zf

自社サーバに適応

まずは、OpenSSLのバージョンを確認します。

OpenSSLのバージョンを確認

私の管理しているサーバの場合、該当しているバージョンではありませんでしたが、念のためyumでアップデートを行います。

サービスをリスタート。

再度、OpenSSLのバージョンを確認してバージョンが上がっている事を確認します。


弊社では、長年、主にWeシステム開発を必要とするWebコンサルティングに携わって来ましたが、RFPの作成、プロジェクトマネジメント、システム設計及び構築、運用といった段階から「ゴール」を目指す、という事も行なっております。

まずは、現状の問題点を洗い出す「監査」や「Web解析」も行なっておりますので、Webサイト構築、Webサイトリニューアル、Webシステム構築・リニューアルをご検討の場合には、是非ご相談下さい。

タグ: , ,
Nexusシリーズ まとめ バナー データ通信SIM まとめ バナー 二見・鳥羽・伊勢神宮 まとめ バナー

検索

ウチムラヒロシ アイコン 運営者:ウチムラ ヒロシ

神戸出身。 コラムを書いたり、コンサルティングしたり、企画書を書いたり、コードを書いたり、サーバ組んだりしてます。

関連サイト

喰意地 kuiiji
mautic is open source marketing automation