IT EVANGELIST.NET ロゴ

クライアントの課題をITで解決する

フリービットの「freebit mobile」はスマートフォンではなくLINE端末としてはアリ

公開日: 2013/11/14
カテゴリー: freebit mobile

私が今利用しているデータ通信SIM「DTI「ServersMan SIM LTE 100」」を出している、インターネットプロバイダー「DTI」などの親会社として知られるフリービットから、端末代込みで月2,100円のスマホ新サービスの「freebit mobile」が開始されました。

ASCII.jp:フリービット、端末代込みで月2100円のスマホ新サービス

私は現在、「イー・モバイルのPocket Wifi GP01」に「DTI「ServersMan SIM LTE 100」」を挿して使っていますが、これがfreebit mobile」に変更することで、サービスで謳っている「モバイルコストが1/3」になるのに併せて、データ通信SIM、モバイルルーター、通話端末が一つになるのでは、という期待をしてサービスを見てみました。


NTTドコモのMVNOサービス+独自端末

サービス自体は、DTI「ServersMan SIM LTE 100」と同じく、NTTドコモの回線を借りた MVNO (仮想移動通信事業者)型の携帯電話サービスですので、人口カバー率100%の状態で使えます。

ただ、「DTI「ServersMan SIM LTE 100」」では、3GとLTEが使えますが、「freebit mobile」はNTTドコモの 3G ネットワークを利用ということですので、LTEは使えないようです。

freebit mobile」の特徴は、独自端末と回線がセットという点でしょうか。

PandA端末の詳細仕様はこちら。

freebit mobile PandA端末

freebit mobile PandA端末

フリービットのプレスリリース「フリービットグループ、総力を結集してスマートフォンキャリア事業に参入 新ブランド「freebit mobile」スタート」によると、端末は

当社がコンセプトデザインをし、EMS(製造事業者)に製造を委託した独自端末「PandA」

スマホとタブレットの中間であるファブレット(Phone+TABLET)型5インチサイズ

ということですが、gpad:フリービット、Android スマートフォン「PandA」端末代金込みで月額2,000円で利用できる携帯電話サービス freebit mobile スタートによると

freebit mobile で提供される Android スマートフォン「PandA」は独自製品としていますが、2012年10月に発売されたインドメーカー Micromax の端末「Canvas 2 A110」をベースとしたものです。デュアル SIM スロットが備わっていますが、W-CDMA に対応しているのは片方のスロットだけなので、日本国内でのメリットはありません。

ということですので、厳密には独自端末とは言えないかも。

この端末を使って出来るのは、IP電話での音声通話、データ通信、「freebit one」と呼ばれる端末に入っているメディアを管理できるサービスと、「freebit box」と呼ばれる独自のストレージサービス、他はOSがAndroid(TM) 4.1.1ですので、Androidアプリが使えるようです。

月額は2,000円からだが通話は別

一番の訴求をしている料金は、以下のようになっています。

freebit mobile 月額料金表
項目名 価格
端末料金月額 952円〜(税込 1,000円〜)
通話基本料 + パケット料金 1,048円(税込 1,100円)
合計 2,000円〜(税込 2,100円〜)

これに、初期費用として3,000円(税込 3,150円)がかかります。

ただし、これは電話を使わない場合の料金で、IP電話サービスを使うと別途、通話料、SMSサービスの送信料、ユニバーサルサービス料がかかります。

また、普通に電話として使う場合には、以下の料金が掛かってきます。

freebit mobile オプション料金表
項目名 価格
音声通話オプション 953円(税込 1,000円〜)
通話料 30秒あたり 18円

さらにこれに、初期費用として1,500円(税込 1,575円)がかかります。

つまり、携帯電話として使えるスマートフォンとして考えた場合、初期費用は

初期費用 3,000円 + 1,500円 = 4,500円(税別)

となり、月額費用は

月額費用 952円 + 1,048円 + 953円 = 2,953円(税別)

さらに別途、通話料として18円/30秒が掛かるということです。

また、「パケット使い放題」のデータ通信ですが、PandA端末 詳細仕様のページの記載を見ると、

最大通信速度150kbps~200kbps(増速可能)
※最大速度は、時間により変更します

とあり、「DTI「ServersMan SIM LTE 100」」よりは早いようですが、大手3キャリアのスマートフォンと比較するのは厳しいものがあります。

若年層をターゲットとしたLINE端末としてはアリ

ところが、このサービスを「LINEを利用する端末とサービス」として考えると、非常にマッチしていることがわかります。

今の中高生、大学生にとっては、電話で話をすることよりもLINEで連絡を取る方が簡単でしょうし、電話は持っていなくてもアカウントは持っている、ということがあると思います。

その場合、初期費用は「freebit mobile」が想定している

初期費用 3,000円 (税別)

となり、月額費用も

月額費用 952円 + 1,048円 = 2,000円(税別)

以上はかからず、IP電話も通常の電話機能もいりませんし、通話がしたければLINEの通話機能で事足りてしまいます。

つまり、「freebit mobile」は、現在、フィーチャーフォンの携帯電話を使っている人や、スマートフォンユーザーからのスイッチを想定しているのではなく、「LINE端末」が欲しいユーザーにターゲットを絞った端末と考えた方が良さそうです。

ということで、私にはマッチしない端末ですが非常に面白いコンセプトのサービスだと思います。




弊社では、長年、主にWeシステム開発を必要とするWebコンサルティングに携わって来ましたが、RFPの作成、プロジェクトマネジメント、システム設計及び構築、運用といった段階から「ゴール」を目指す、という事も行なっております。

まずは、現状の問題点を洗い出す「監査」や「Web解析」も行なっておりますので、Webサイト構築、Webサイトリニューアル、Webシステム構築・リニューアルをご検討の場合には、是非ご相談下さい。

タグ: , , ,
Nexusシリーズ まとめ バナー データ通信SIM まとめ バナー 二見・鳥羽・伊勢神宮 まとめ バナー

検索

ウチムラヒロシ アイコン 運営者:ウチムラ ヒロシ

神戸出身。 コラムを書いたり、コンサルティングしたり、企画書を書いたり、コードを書いたり、サーバ組んだりしてます。

関連サイト

喰意地 kuiiji