IT EVANGELIST.NET ロゴ

クライアントの課題をITで解決する

Google Analyticsのデータ消失対策として無料のアクセス解析ツール「Piwik」を導入する

公開日: 2015/02/20
カテゴリー: Web解析

2月9日のGoogle Analyticsアクセスデータがいきなり消失という事態が発生した場合、ユーザーとしてはGoogleの対応を待つしかないという受け身の状況に追い込まれてしまいます。

今回は、データが消失することもなく数日で復旧をしましたが、データが復旧しなくても無料のサービスですので文句を言う事もできません。

こういった事態を避けるためには、Google Analyticsのデータ消失対策が必要になってきますが、Google Analyticsと同様のデータ送信型サービスを使うのであれば、データが送信できていない、データが消失した、という同様のケースが起こる可能性があります。

そこで、お勧めをしているのがサーバにインストールする形で解析ができるものとなりますが、その中でも無料で詳細な解析ができるのが「Piwik」です。

Piwik

Piwik

今回は、この「Piwik」のインストールについて解説をしたいと思います。

Piwikとは

Piwik」とは、世界中の開発者チームによって開発された、PHP/MySQLサーバー上で動作するウェブ解析用のオープンソースソフトウェアです。

Wikipedia:Piwik

日本Piwikiユーザー会という組織もあって、日本語での対応もされています。

オープンソースですので無償で利用でき、自分のサーバにインストールをする形ですから、Google Analyicsのように1,000万ヒットを超えると有償ということもなく、無制限に使うことができます。

さらに、オープンソースのソフトウェアにも関わらず、インターフェースもかなり使いやすくなっており、リアルタイム解析、ユーザー解析、流入経路解析、コンバージョン解析というように、機能面においてもかなり充実したものが用意されています。

インストール手順

データダウンロード

まずは、Piwikの公式サイトからPiwikをダウンロードしてきます。

Piwik ダウンロード

私の場合、該当ディレクトリにwgetでダウンロードをしてunzipで展開し、ブラウザからアクセスできる領域に設置しました。

この時に、piwikの設置ディレクトリの権限をApacheユーザーにしていないと、ブラウザでアクセスした時に以下のエラーが表示されます。

Piwik couldn’t write to some directories (running as user ‘apache’).

データベースの作成

また、MySQLで「Piwik」を動かすためのデータベースを用意し、Piwikユーザーを作成して割り当てておきます。

言語の選択

次にブラウザから、該当URLのpiwikにアクセスしてインストールを進めます。

http://該当ドメイン/piwik/

ここで、普通にアクセスしたら英語の画面に。

Piwik 英語インストール画面

Piwik 英語インストール画面

この場合には、/environment/の中にあるglobal.ini.phpを触って言語を日本語に変更することで、日本語の画面にすることができます。

変更箇所は、default_languageがenとなっているのをjaに変更します。

再度ブラウザからアクセスすると、日本語に変更されていました。

Piwik 日本語インストール画面

Piwik 日本語インストール画面

システムの確認

「次へ」を押すと、システムの確認画面になります。

必要となるパッケージがインストールされている場合には、ここで何にもする必要はありませんが、前提とするパッケージが足りない場合にはエラーが表示されます。

システムの確認

システムの確認

データベースのセットアップ

「次へ」を押すと、データベースのセットアップ画面になります。

データベースのセットアップ

データベースのセットアップ

ここで、通常はWebサーバと同じ環境にデータベースがあると思いますので、その場合はlocalhost、もしくは127.0.0.1と入力し、外部にある場合は該当のIPアドレスを入力します。

また、先ほどMySQLで設定したログイン名、パスワード、データベース名をそれぞれの所に入れます。

アダプタは、データベースに接続するモジュールを選択出来ますが、PDO_MYSQLのままで問題ありません。

テーブルの作成

「次へ」を押すと、テーブルの作成画面になり、「テーブルは正常に作成されました!」と表示されます。

テーブルの作成

テーブルの作成

ログインアカウントの作成

「次へ」を押すと、「Piwik」の管理画面に入るユーザーを作る画面になりますので、ログインID、パスワードを設定します。

ログインアカウントの作成

ログインアカウントの作成

PiwikコミュニティのメールやPROサービスについては、必要なものを選択してください。

ウェブサイトのセットアップ

「次へ」を押すと、ウェブサイトのセットアップ画面になります。

Webサイトのセットアップ

Webサイトのセットアップ

こちらは、「Piwik」でトラッキング・分析を行うWebサイトの設定を入力します。

タイムゾーンは「Tokyo」を選び、eコーマースかどうかはご自身で選択してください。

トラッキングタグの発行

「次へ」を押すと、JavaScriptのトラッキングタグが発行されます。

トラッキングタグの発行

トラッキングタグの発行

こちらを、Webサイトの方に貼り付けることでトラッキングが開始されます。

設定完了

「次へ」を押すと、設定完了画面が表示されます。

設定完了

設定完了

「Piwikを続ける」を押して、「ログイン画面」を開き、ID、パスワードを入れると管理画面が開きます。

Piwik ログイン画面

Piwik ログイン画面

Piwik 管理画面

Piwik 管理画面

インストール自体は非常に簡単

見てきたように、「Piwik」のインストール自体は非常に簡単です。

WordPressで使う場合には、WP-PiwikなどのPluginも用意されているため、トラッキングコードの導入や管理画面の統合も簡単にできます。

Google Analyticsだけに、アクセス解析データの取得を依存する事は大変リスクのあう事ですので、ぜひ皆さんもこれを機会にインストール型で運用ができる「Piwik」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?


弊社では、長年、主にWeシステム開発を必要とするWebコンサルティングに携わって来ましたが、RFPの作成、プロジェクトマネジメント、システム設計及び構築、運用といった段階から「ゴール」を目指す、という事も行なっております。

まずは、現状の問題点を洗い出す「監査」や「Web解析」も行なっておりますので、Webサイト構築、Webサイトリニューアル、Webシステム構築・リニューアルをご検討の場合には、是非ご相談下さい。

タグ: , , , , , , ,
Nexusシリーズ まとめ バナー データ通信SIM まとめ バナー 二見・鳥羽・伊勢神宮 まとめ バナー

検索

ウチムラヒロシ アイコン 運営者:ウチムラ ヒロシ

神戸出身。 コラムを書いたり、コンサルティングしたり、企画書を書いたり、コードを書いたり、サーバ組んだりしてます。

関連サイト

喰意地 kuiiji