IT EVANGELIST.NET ロゴ

クライアントの課題をITで解決する

yumでCentOS 5.5を5.10へアップグレード

公開日: 2013/12/09
カテゴリー: サーバ・ネットワーク

テスト用に構築しているLinuxサーバは、商用OSとして使われる事の多い Red Hat Enterprise Linux(RHEL)と互換性を持つフリーのLinuxディストリビューションとして開発されている CentOS を使っています。

現状使っているサーバは、CentOS 5.5だったんですが、PHPのバージョンを上げるついでに、先日リリースされた CentOS 5系の最新版 CentOS 5.10 にyumでアップグレードをしました。

@IT:「CentOS 5.10」が公開、MySQL 5.5に更新

CentOS Webサイト

CentOS Webサイト


バージョンアップの方法

LinuxサーバでOSのアップグレードやPHP、Perl、MySQL等をインストールを行うには、以下の2つの方法があります。

  1. ソースコードからコンパイルしてインストールを行う
  2. yumやrpmを使ってインストールを行う

この二つの方法は以下のメリットとデメリットがあります。

ソースコードからコンパイルする場合

メリット

  1. 新しいものと古いバージョンが共存できる
  2. 使う機能だけインストールできる
  3. OSに依存せずに目的のバージョンが自由に使える

デメリット

  1. インストール・アンインストールが大変
  2. 一度ソースでインストールすると、次からもソースでインストールする必要がある

yumやrpmを使う場合

メリット

  1. インストール・アンインストールが簡単
  2. パッケージの管理が簡単

デメリット

  1. OSによって使えないものがある
  2. 新しいものと古いバージョンが共存できない
  3. 不要なパッケージもインストールされる

このように、ソースコードからインストールする場合と、yumやrpmを使ってインストールする場合とでは、違いがあります。

また、yum と rpm は以下のような関係になっています。

yumとは、 Yellowdog Updater Modifieda の略で、RPM システムに自動更新機能と、依存関係の管理を含めたパッケージ管理機能を追加したものです。

つまり、簡単に言うと yum は rpm よりもさらに高度な機能を提供していますが、yum が使えず rpm しか使えないという場面もありますので、その際には rpm を使うと。

このあたりについては、以下のWebサイトに詳しい解説があります。

彼女からは、おいちゃんと呼ばれています:初心者の頃に知っておきたかった rpm と yum の違いと使い分け

developerWorks:Linux の 101 試験対策: RPM および YUM によるパッケージ管理

CentOS 5.5を5.10にyumでアップグレード

実際に yum で行った手順については、以下を参考に行いました。

CentOS 5.6 リリースノート:4. 既知の問題点

現在のバージョンを確認

サーバにsshで接続をし、shellで以下のコマンド入力して現在のバージョンを確認します。

yumを使ってアップデート

次に、以下のコマンドを入力してyumを使ったアップデートを実施します。

再度バージョンを確認

最後に、shellで以下のコマンド入力して、再度現在のバージョンを確認します。

これだけでアップグレードは完了です。

非常に簡単でした。


弊社では、長年、主にWeシステム開発を必要とするWebコンサルティングに携わって来ましたが、RFPの作成、プロジェクトマネジメント、システム設計及び構築、運用といった段階から「ゴール」を目指す、という事も行なっております。

まずは、現状の問題点を洗い出す「監査」や「Web解析」も行なっておりますので、Webサイト構築、Webサイトリニューアル、Webシステム構築・リニューアルをご検討の場合には、是非ご相談下さい。

タグ: , ,
Nexusシリーズ まとめ バナー データ通信SIM まとめ バナー 二見・鳥羽・伊勢神宮 まとめ バナー

検索

ウチムラヒロシ アイコン 運営者:ウチムラ ヒロシ

神戸出身。 コラムを書いたり、コンサルティングしたり、企画書を書いたり、コードを書いたり、サーバ組んだりしてます。

関連サイト

喰意地 kuiiji